【平成30年12月4日】

平成30年12月に開催された第16回全国空手道選手権大会にて優勝者1名、準優勝者3名、第三位入賞者3名の合計7名の入賞者を出すことができました。特に福原三段と櫻井二段は中学生生活最後の試合となりましたが、福原参段は夏の全国ジュニア選手権大会に続き優勝することができ、櫻井弐段は昨年の優勝に続き二連覇を目指し、優勝は逃しましたが第三位入賞することができました。その他に新しく活躍する塾生も出てきましたので今後も指導陣から新会員が一丸となって精進努力してまいります。


【平成30年9月16日】

2018年9月16日に開催された第35回国際総合空手道 全日本選手権大会(主催:国際総合空手道連盟・協力:全日本総合空手道連盟)にて福原美瑠 指導員(本部直轄土浦道場所属)が中学生(14歳)ながら本人の希望もあり一般女子の部に出場しました。そして善戦しましたが惜しくも判定で敗れましたが、その戦いぶりが主催者から評価され主催者特別賞を受賞することができました。